5000mや駅伝の国内外の大会で活躍する陸上競技の松﨑璃子選手(積水化学)に、試合前の緊張や怖さ、プレッシャーを克服する方法をお聞きしました。


Q:レース前は緊張されますか?

1人になってレースのことを考えちゃうとゾッとすることはありますが、基本的には試合の日にならないと緊張はせず、前日までは普段通りに過ごします。

Q:個人で出場するときと、駅伝のメンバーで出場するときで、緊張の違いはありますか?

1人だったら失敗しても自分の責任になるだけだけど、駅伝だとみんながいるので駅伝のほうが自分が失敗したらどうしようと思ってしまって、より緊張します。

Q:どのように克服されているのでしょうか?

緊張するっていうのは不安になるということだから、してきた練習を思い返して、「あんだけキツイことをやったんだから大丈夫だ!」「やってきたことが不安でダメになったらもったいない!」というふうに奮い立たせて、レースに臨みます。


Reported by チアアップ!編集部



松﨑璃子Riko Matsuzaki

1992年12月24日、千葉県生まれ。積水化学女子陸上競技部(セキスイフェアリーズ)所属。5000mにおいては2013年東アジア競技大会で金メダル、仁川アジア競技大会2014で自己新記録の15分18秒95を記録し5位。2015年は第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会で日本人選手トップの3位入賞を果たす。また、セキスイフェアリーズの駅伝メンバーとしても活躍しており、「第29回FUKUIスーパーレディス駅伝」では3区を走り見事区間賞を獲得、チームの初優勝にも大きく貢献した。