胸のサイズやスポーツの種類に関係なく、体型維持やパフォーマンス向上のために必需品の「スポーツブラ」について、柴田華絵選手(浦和レッズレディース)にお話を伺いました。



柴田華絵選手:

今回、お世話になっているNIKEの撮影で「ナイキ プロ ブラ コレクション」のハイサポートモデルのうちの1つ「プロ ライバル レーサーバック」を着用しました。まず、驚いたのはハイサポートモデルのサイズ展開です。多くのブラトップにあるS、Mというサイズ区分ではなく、下着のようにアンダーバストのサイズとカップで細かくサイズ展開されているので、購入される方がより自分にフィットする1点を選べるかと思います。

また、生地に特長がありますよね。今回の撮影では、筋肉痛になるかも?というぐらいのポーズがありましたが、汗をかいてもすぐに乾きました。汗を吸って重くなる製品もあるんですよね。でも、これは感じません。バック部の生地はより薄く、さらにストレスはありませんしゴムの伸び縮みがあっても嫌な締めつけはありません。見えないところに蛍光カラーのラインが入っているのも良いですね。

「プロ ライバル」という製品もあるとか。ストラップがあって調整可能なタイプは、よりフィット感が増しそう。ともかくブラトップはからだの一部なので、私たち選手はどうしても機能性重視になります。

でも私も、時間があれば、ヨガにチャレンジしたいと思っているんですよ。そういう時は、NIKEのライトサポートモデルから選んだら動きやすいでしょうね。動き方や量に合わせてモデルを選ぶことで、よりストレスがないアイテムを選べると思います。


取材日:2016年6月20日(月)

「ナイキ プロ ブラ コレクション」の詳細はこちら

NIKE PRO BRA COLLECTION