チアアップ!編集部では、身近なスポーツの代表格“ランニング”に大注目。カラフルなウェアで颯爽と街を走る20代の女性に、ランニングの魅力や楽しさ、喜びを聞いてみました!

今回、取材したのは、NIKE+ RUN CLUB(以下NRC)に参加して2016年3月に行われる名古屋ウィメンズマラソンを目指している皆さん。3ヶ月後の本番に向けて“個人”と“みんな”でトレーニングを積み重ね、およそ60人の女性ランナーがそれぞれの目標に向かって走っています。今回はランニングを始めたキッカケと、名古屋ウィメンズマラソンでの目標をお聞きしました。

●RIEさん

元々高校のときはハンドボールをやっていて、大学ではダンスをやったりしてたんですけど、社会人になってからなかなか運動する機会がなくて、そんな時に身近に簡単にできるスポーツってランニングかなぁと。友達にもちょうどランニングを始めてた子がいて、それがキッカケで走り始めました。最初は自分がフルを走るとは思ってなかったんですけど、それこそこういうNIKEのセッションなどで走っている子と友達になって、その中で「フル楽しいよ」とか「名古屋楽しいよ」と聞いて2015年の大会にエントリーしたんです。みんなで走ることでモチベーションも上がるし、そうじゃなかったらここまで自分を持ってこれなかったと思います。今年は大口叩いてサブ4を目指します!

●ASAKOさん


今も現役なんですけど大学の部活でチアリーディングをやっていて、大学1年のときに大会メンバーに入るためのチーム内オーディションでコーチに「スタミナがない」と言われてすっごく悔しくて。スタミナをつけるためには何が一番いいかなって考えて、ランニングなら靴さえあればできる!と思って始めました。それで走っていくうちに、知り合いにNIKEのランクラブに誘われて、それまでは義務的に走っていたので辛かったんですが、人と走ったら、初めて走るのが楽しいと思えるようになったんです。それにやっぱり目標があったほうがもっと走れるかなと思って2015年の名古屋に挑戦してみました。2回目の今年は4時間30分を目標にがんばります!

●YUMIKAさん


今年の3月にNIKEのランニングプログラムに参加していた友達からセッションに誘われたときに意外と走れて(笑)。スポーツは剣道やバスケ、フットサルとかも好きでやっていて、今はフラダンスもやってます。やっぱりみんなでやるのって友達もできるし楽しいです。名古屋ウィメンズマラソンは4時間半を切れればいいなと思います。ティファニーのペンダントも欲しいです!

取材日:2015年12月9日

★取材メモ★
  • 名古屋ウィメンズマラソン
    オリンピックや世界陸上のマラソン代表選考会としての実績もある「名古屋国際女子マラソン」が、2012年に女性限定15,000人が参加できるフルマラソン大会にリニューアル。2012年の第1回大会には13,114人が参加し、世界最大の女子マラソンとして「ギネス世界記録」に認定。2013年、2014年、2015年と年々参加者を増やしその記録を更新しています。2016年の大会ではゴール地点でティファニーがオリジナルデザインのペンダントで完走者を祝福する他、大会のスポンサーであるメナード化粧品、ナイキから特製グッズが贈呈されます。
  • サブ○○
    サブ(sub)は「下」というような意味あいで、地下鉄のsubwayと同じ語源だそうです。例えばフルマラソンで3時間を切ることは、サブ3(sub-three)といいます。
  • NIKE+ RUN CLUB
    名古屋ウィメンズマラソンのシルバースポンサーでもあるNIKEが、2002年に「ランニングを楽しく」をコンセプトに一般ランナーを対象として発足したランニングコミュニティ。「すべてのRUNには目的がある」という信条のもと、初心者でも上級者でもすべてのランナーが目的を達成できるよう、全世界で統一された安全で正確な7種類のランニングプログラムを提供しています。