チアアップ!編集部では、身近なスポーツの代表格“ランニング”に大注目。カラフルなウェアで颯爽と街を走る20代の女性に、ランニングの魅力や楽しさ、喜びを聞いてみました!

今回、取材したのは、NIKE+ RUN CLUB(以下NRC)に参加して2016年3月に行われる名古屋ウィメンズマラソンを目指している皆さん。間近に迫った本番に向けて“個人”と“みんな”でトレーニングを積み重ね、およそ60人の女性ランナーがそれぞれの目標に向かって走っています。今回はランニングを始めたキッカケと、名古屋ウィメンズマラソンでの目標をお聞きしました。


●SUZUKOさん



小さい頃からスポーツが好きで、死ぬまでスポーツをし続けたいっていうのが小学校の頃の夢で。社会人になってからチームスポーツとかを出来る機会がなくなったので、気軽に始められてやれるスポーツっていうことでマラソンを始めました。今年の目標は去年より早くってことで4時間きりたいです。サブ4です!

●NATSUKIさん



中高ずっと文化部でまったく運動してなくて。ただ、動くことは好きだったんですけど、1番最初の走り始めは凄く尊敬する超可愛い先輩のキレイでいる秘訣が「毎週末いつも走ってる」って聞いて、そうなれるなら走ろうって思って走り始めたのがきっかけです。きっかけになったのは2年ぐらい前なんですけど、ちゃんと定期的に走るようになったのはまだ1年たってないぐらいです。 去年の12月に初めてフルマラソン走ったんですけど、その時は完走が目標で初で5時間をきれたので2回目は4時間半をきれるように頑張りたいです。サブ4.5!

●YUURIさん



ここのトレーニングスタジオに通い始めて、「ランガル」っていう女の子だけのチームがあってそこで走り始めたんですけど、みんなで走ってて楽しいなって思って段々続けるようになって名古屋も走ってみたいなって。運動は中高でソフトボールやっててマラソンは全然したことがなかったので、ここでみんなと楽しく走ることでランの楽しさ知って。走ることを定期的に始めたのは ここ1年ぐらいです。 初めてのフルマラソンなので、完走が目標です。でも、できれば5時間きって走りたいなって思ってます。

●MEGUMIさん



ずっと運動はしていたんですけど仕事を始めてから休みが不定期で全然運動できなくなって、同じように休みが不定期な子たちで走るようにはなったけど、走るだけじゃなくて挑戦したいなって思って。ちょうどその仕事を辞めるタイミング でせっかくなら仕事も変えるし、何か変えたいと思ってフルマラソンやろうとホノルルマラソンに出たのがきっかけです。3年前ですね。フルマラソン走るのが楽しくて初ホノルルが。最初は5km走って終わりみたいな感じだったのが、退職したらホノルルマラソンって思ったら皇居2周走ろう、ハワイ!って思ってそれからはまっちゃって。名古屋は今年で3回目です。名古屋楽しい。おかわりです。 この前よりもベストは更新したいので、この前が3時間45分だったので3時間30分台になりたいな。

●YOSHIMIさん



走るきっかけは前に3ヶ月限定でやっていた時に10km走って、私もともと走るの大っ嫌いだったんですけど10km走れたので走ってみようかなと。運動は一切してなくて。ここで出来た友達とだったら走れるかなと思って走りました。そこから趣味になればいいなと思って。走り始めてまだ1年たってないです。 運動をするっていう習慣がまったくなかったから、定期的に運動するようになったのもあるし、ここに来たらみんな元気なので元気をもらえる。運動なんてやりたくないって思うことの方が多かったので、運動する楽しみがわかったみたいな。名古屋の目標はとりあえず完走をできたらいいなと。

取材日:2016年1月16日


★取材メモ★
  • 名古屋ウィメンズマラソン
    オリンピックや世界陸上のマラソン代表選考会としての実績もある「名古屋国際女子マラソン」が、2012年に女性限定15,000人が参加できるフルマラソン大会にリニューアル。2012年の第1回大会には13,114人が参加し、世界最大の女子マラソンとして「ギネス世界記録」に認定。2013年、2014年、2015年と年々参加者を増やしその記録を更新しています。2016年の大会ではゴール地点でティファニーがオリジナルデザインのペンダントで完走者を祝福する他、大会のスポンサーであるメナード化粧品、ナイキから特製グッズが贈呈されます。
  • サブ○○
    サブ(sub)は「下」というような意味あいで、地下鉄のsubwayと同じ語源だそうです。例えばフルマラソンで3時間を切ることは、サブ3(sub-three)といいます。
  • NIKE+ RUN CLUB
    名古屋ウィメンズマラソンのシルバースポンサーでもあるNIKEが、2002年に「ランニングを楽しく」をコンセプトに一般ランナーを対象として発足したランニングコミュニティ。「すべてのRUNには目的がある」という信条のもと、初心者でも上級者でもすべてのランナーが目的を達成できるよう、全世界で統一された安全で正確な7種類のランニングプログラムを提供しています。